国際ロータリー第2670地区 2020-2021年度 ガバナーエレクト事務所 国際ロータリー第2670地区
2021-2022年度
ガバナー事務所
ガバナー紹介 準備中 スケジュール お知らせ ダウンロード

 The Rotary Foundation
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

 国際ロータリー第2670地区 地区補助金奨学生募集要項 ■

 国際ロータリー第2670地区(四国)は、2022-23年度ロータリー財団の地区補助金奨学生候補の募集を次の要項に従って行います。熟読の上、有資格者は奮ってご応募してください。


 1 目的

 国際ロータリーのロータリー財団地区補助金奨学生の主要な目的は、国際理解と世界平和促進を基本的理念とし、海外の専門学校(カレッジ)、大学あるいは大学院での1年間の修学に地区補助金(地区財団活動資金DDF)から米貨10,000ドルを奨学金として金銭的支援を行い、有為な人材に勉学の機会と国際親善使節の役割を付与することです。


 2 奨学金の額

 本人自身のエコノミー往復航空券、授業料、学用品、部屋代、食費等に対して、米貨10,000ドルを提供します。


 3 募集人数

若干名


 4 申請資格

<申請者>
 @海外の専門学校(カレッジ)、大学または大学院に入学するに必要な教育課程を修了していること。
 A海外の専門学校(カレッジ)、大学または大学院に既に合格していること。
 B日本の国籍または永住権を有すること。
 C次のいずれかに該当すること。
  1)申請時に国際ロータリー第2670地区内に居住、または本籍(過去に本籍を置いていた場合も含む)
   があること。
  2)申請時に国際ロータリー第2670地区内に所在する高校、大学、大学院に在学するかあるいは職場に
   勤務していること。

<申請ロータリークラブ>
 @ロータリー財団の「地区補助金とグローバル補助金 授与と受諾の条件」に従うこと。
 A地区主催の補助金管理セミナーに出席し、MOUの同意と署名をすること。(注1)(注2)
 B前年度の年次基金に積極的に寄付していること。
 Cルールに則った財団補助金事業のクロージングが出来ていること。
   
(注1): 補助金管理セミナーは、クラブがロータリー財団補助金プログラムに申請する為には必ず参加する事が求められます。当地区においては毎年11月-12月に開催される予定です。要参加者は会長エレクト・次期クラブ幹事・次期クラブ財団委員長またはそれに準ずる役職の方となります。
(注2): MOUとは、覚書 (Memorandum of Understanding)のことです。補助金制度に参加するために守らなければならない条件の銀行口座、書類の保管、財務管理などが詳細にわたって説明されている文書で、覚書に記載されている条件を承諾し同意することにより地区・クラブは参加資格を得て、補助金を申請出来るようになります。


 5 申請の資格なき者

@ロータリークラブ会員またはその実子、継子、孫、兄弟姉妹、配偶者およびその他扶養者。
A申請時に入学先が決定していない者。
B当人または@に該当するものに受験資格を与える目的のためにロータリークラブを退会したものがある場合
 は、そのことによって資格は生じない。


 6 申請条件及び義務

@1年間の厳しい勉学に心身ともに耐え得る人材であること。
A指導力、独創力に富み、順応性、思慮分別を持ち、目的に対し誠実であること。
B奨学期間中、勉学に努めると共に、ロータリークラブ、家庭、事業所などを訪問し、日本の歴史、地理、文
 化、時事問題および修学地域の諸事情の理解ないし広報等、国際親善使節としての任務の遂行に務めること。
C75ドル以上の経費の領収書を必ず提出すること。
D毎月10日までに推薦ロータリークラブ、並びに[香川]地区事務所宛に月次報告書を提出すること。
E奨学期間終了後は、速やかに必ず推薦ロータリークラブに修学の成果を報告すること。また、地区大会に参加
 し、修学の成果を報告すること。
F奨学期間終了後は、ロータリー四国学友会に加入し、ロータリーとの関係を維持すること。
G学業成績不良、不良行為の立証、報告の不提出、地区ロータリー財団の承諾を得ずに学業課程の変更、中途
 退学、修学地域の語学に対する知識の不足、国際親善使節としての任務の不履行、その他奨学金の条件を充
 たせなくなるような事態が発生した場合には奨学金は打ち切られる。


 7 申請方法

<申請者>          
 申請書に入力(顔写真貼り付け)し、他の必要書類を添付して2022年2月末日までに、地区内の
 ロータリークラブにメールにて送信、提出してください。

<申請ロータリークラブ>
 応募者より送信されたデータに必要事項を入力し、 [香川]地区事務所まで必要書類を郵送してください。


 8 試験期日及び方法

1次選考・・・3月  
                    書類提出先の各ロータリークラブによる書類審査と面接試験
最終選考・・・4月
       地区ガバナー、ガバナーエレクト、ガバナーノミニー、地区ロータリー財団委員長、奨学金・
       学友委員長及び委員による面接試験。

※具体的な日時・場所については受験者に、直接[香川]地区事務所より連絡いたします。


 9 提出書類

 記入欄は、全てパソコンで作成してください。その他の添付書類は全てA4サイズとし、画像形式はjpegに統一してください。(成績表・証明書等A4サイズ以外のものはオリジナルのほかにA4サイズに縮小、拡大したものを必ず添付してください)

 @地区補助金奨学生申請書
 A修学先の専門学校(カレッジ)、大学または大学院の無条件の入学許可を証明するもの
 B高校・大学の成績表
 C小論文 題名は「奨学金を申請する理由と私の将来展望」。日本語800字詰原稿用紙3枚以内で収めること。

※申請書類は一切返却いたしません。




 10 お問い合わせ・書類送付先

国際ロータリー第2670地区 [香川]地区事務所
〒760-0008 香川県高松市中野町20-4 栗林コーポ1F
TEL:087-873-2225/FAX:087-873-2211/E-mail:trf-office@rid2670.com





TOP Page 
------------------------------

トップページ 

© 2020 Rotary International District 2670